〝ドロ沼不倫〟 新闻翻译

〝ドロ沼不倫〟 新闻翻译

〝ドロ沼不倫〟「婚活市議」に新たな疑惑 政務活動費で「コピー用紙21万枚」!?

 妻子がいるのに「婚活サイト」に登録し、女性と交際していたことで物議を醸した京都府宇治市議(44)に、今度は政務活動費をめぐる疑惑が浮上している。21万枚ものコピー用紙を大量購入したのは不自然ではないかという指摘だ。市議が使途に関する説明をころころと変えたため市議会も紛糾し、検証作業に乗り出している。交際問題でも女性側から損害賠償請求訴訟を起こされた市議側が「(女性から)脅迫的な行動を受けた」と〝反撃〟の反訴を検討するなど泥沼化の様相を呈しつつある。十円硬貨にデザインされている平等院鳳凰堂があることでも知られる宇治市に持ち上がった「婚活市議」のダブル騒動の行方は-。


“婚外情泥潭”“市议员征婚事件”新疑点 政务活动费购入“21万张复印纸”!?

京都府宇治市议员(44岁),曾因在已有妻儿的情况下,在“征婚网站”登录注册,并与某女性交往引起群众广泛批评议论。今年,他身上又出现了政务活动费问题。其被指出,21万张复印纸的大量购入存在疑点。而其对该用途的说明也一再变更,造成了市议会的混乱局面。市议会已开始着手调查。在与女性交往方面,其被女方提起了损害赔偿诉讼,宇治市议员则以“受女方胁迫”为由提起反诉。目前局面一片混乱。在这个因设计了十日元硬币的平等院凤凰堂而闻名的宇治市发生的“市议员征婚事件”到底会向何处发展呢?

查看次数:320

Copyright 2021, jp321.com